本文へ移動

雑誌・メディア 掲載履歴

2020年

下野新聞2020年12月29日付

高級醤油で新商品

葵らっきょう「誉」1,296円~9,720円(税込)
「純米醸造酒こそ、本来の地酒である」

製造する90%以上が純米酒という渡邊佐平商店の純米吟醸「日光誉」酒粕と、日光東照宮献上醤油「譜代相伝」との出会いで生まれた日光醤油「誉」

乳酸発酵・長期熟成の国産大玉らっきょうを醤油で仕上げる。譜代相伝「始次郎」からの醤油が繋ぐ物語、葵らっきょう「誉」をご紹介いただきました。

髙島屋ローズキッチン 2020年11月号。

TAKASHIMAYA ローズキッチン

販売価格864円~1,080円(税込)
味噌・醤油の蔵元として明治30年に創業した「樋山昌一商店」。看板商品「日光ろばたづけ」は代々続く醤油づくりをより良くするため、糀づくりから見直した結果生まれました。その味の要である自家醸造醤油は日光東照宮にも献上され、日光名物としても知らるように。また、伝統の食文化である「漬物」は洋惣菜にも相性の良いことを伝えたいとの想いから、新ブランド「TABLE TALK」を立ち上げました。今回ご紹介しているすべての商品に「蔵出しだいこん」が使われています。昔ながらの味を大切にしつつ、新しい漬物づくりに挑戦している蔵元の味をご堪能ください。
TOPへ戻る