本文へ移動

ここがヘンだよ!ろばたづけ!!

RSS(別ウィンドウで開きます) 

Vol.0 5代目当主ヒロノブが自分で感じたりお客様からいただいた あんなことやこんなことを…

2021-05-15
カテゴリ:無添加,安心,戯言,つぶやき
ろばたづけって どうやら他と違うらしい!

そうなの?世間知らずだった若かりしころのワタクシ。
お漬物屋さんってみんなウチと同じように作っているんだと
正直少し前まで思ってました(;´Д`)


お客様に驚かれたことや他にはないこだわりを、
至って真面目に、たまーに暴走しながら
たしなめられて修正して…

不定期に更新していきますので
忘れたころにまた見に来てください♪




Vol.1 食品添加物、なめてみました!

2021-05-16
カテゴリ:無添加,安心,つぶやき
チェック重要
魔法の白い粉☆彡
入社したてで怖いもの知らず、好奇心旺盛な20代のヒロノブ。

ふと目にしたのが醤油の火入れの際に入れている白い粉。
なんでしょう?もし塩をあんだけ入れてたらエラいことに…

ヒロノブ「これ何入れてんです~?」
先輩「これ入れるとうま味がぐーんと増すんだよ~!」
ヒロノブ「へー、どれどれ…(ペロリ)」


物事どんなことだって、自分で経験したものは大きな糧となります。
自分で確めて、はじめてそこで肯定も否定もできるんじゃないかな。
この時経験したことが今のろばたづけをカタチづくる、
のちに私の中で大きな舵を切った出来事でもありました。


なるほどなー、食品添加物って…添加するものであって、
食べるものじゃないんだ!!

全てを否定するつもりはありません。
美味しさの指標である「うま味」は増し、しかも容易に、
コストも下げることができる!

モチロン弊社の製品がすべて無添加というわけではありません。
実際に食べてみると確かに美味しいです。
知らない間にいろんなところで口にしているものでもあります。
ただ、できることなら使いたくないんです。


いつか日光ろばたづけも食品添加物無添加にできたら…
若き日の僕にはそんなチカラも知識も経験もありませんでした。
それが実現できたのは確か14年後の2013年。

まだ7~8年しか経っていないんです。
まだスタートを切ったくらいのこの無添加化ですが、
確かに手応えは感じているところですが、
長くなってしまうので、続きはコチラ。

Vol.2  らっきょうって新モノが良いの?

2021-05-16
カテゴリ:つぶやき
チェック
そんなに長く漬けちゃったら"ぐにゃっ"となっちゃうでしょ!?
お恥ずかしいことにですね。
漬物屋の跡取りを期待された樋山家の一人息子ヒロノブ、
高校時代に小遣い欲しさにバイトをした以外は
ぜーんぜんっお手伝いしなかったんですよね~f(^_^;


で、人生経験も少なめに過ごしたワタクシ、漬物の漬けかたも
ぜんッぜん知らずに実家に舞い戻ってしまいました。
周囲からは「あの」東京農大を出て、かの有名な
「峠の釜めし」のおぎのやさんで2年間経験を積み
期待の大きさと現実との落差に、落胆したスタッフさんは
さぞや多かったことでしょう…

ま、その話はさておいて。


漬物の漬けかたなんてずぶの素人よりも酷い有様ですから、
知らないって怖いもので、漬物の製法は全国共通なんだと思ってました。

ましてやワタクシろばたづけ界のサラブレッド(極端に狭い) 
ですから、当然、漬物なんてウチの漬物しか知らない…
カッコよくいうと、ろばたづけのために純粋培養された
お坊ちゃんなんです(笑)


なので、らっきょうもどこもかしこもみーんな半年ぐらい
漬けてるんだとばっかり思ってました。

量販店さん向けの漬けかたってそんな短くてすんじゃうん
ですかー!!衝撃でしたね~。しかもらっきょうの食感が
「ぐにゃっ」となる?仰る意味がわかりませんが…ハテ?
自前で造られる方からもけっこうな頻度でそのようなことを
窺い知りました。


ろばたづけのらっきょうは長いものになると3年近くも
低温長期熟成をしていますが、ぐにゃりとするらっきょうを
食べたことがないのはホント幸せなことなんですね~。
世間知らずでごめんなさい。その分頑張って
美味しいらっきょうを漬けます! 


じっくり、焦らず、てまひまかけて。



らっきょうについてのこだわりや製法に関してはコチラをどうぞ。

Vol.3 My name is ROBART !?

2021-05-19
カテゴリ:戯言,つぶやき
嗚呼、今市…我らが今市♪
「HEY!ロバート!メシ食い行こうぜ!!」
「ロバートォ!今日どこ飲みに行くぅ?」

ワタクシ一時そんな風に呼ばれていた時期がありまして。
彼らは何を思ってそんな呼び方しちゃってるんですかね?
少しオツムがかわいそうな方なんでしょうかね?

皆さんご存知ない方が多いのですが、
確かに私自身あまり公にしてないことがあります。

生まれも育ちも生粋のイキイキ文挾っ子なんですが、
実はこう見えてハーフなんです。

そんな生い立ちが影響してなのか、
それともこの顔立ちが関与してるのか…
ぃやぃや!!デニーロに似てるなんて言い過ぎですって!
本人に失礼ですよ!!(笑)知られたら国際問題に
発展してしまうやもしれません。どうぞご内密に。


他に考えられる理由としても、奥さんに乗っ取られた
愛車のナンバーが6810だとか酔っ払った勢いで
My name is ロバートォと口走ったとかウチが
ろばたづけだとかは多分関係ないでしょうけど。

両親の出生地を伝えるのは個人情報の観点からも
いささか問題があるかもしれませんが、本人も
気付かないと思いますのでついに公にしてしまいます!
ワタクシ何を隠そう文挾と瀬川のハーフです。

見出しの「嗚呼今市、我らが今市」は現日光市になる前の
旧今市市の唄です。結構好きだったんだよなぁ…
ちなみに私の代になり、世界へ羽ばたく第一歩として、
奥さんは遥か910, 000㎝離れた彼の地から迎えました。
ウチの子供らは文挾と鹿沼のハーフですね♪


…さて、全国的にどこまで通じますやら♪

Vol.4 なんだかわかんないけどウマい!?

2021-05-26
カテゴリ:催事の思い出
オススメ
単体非売品⁉
やっぱり人間って「知りたい」っていう知的好奇心が強い生き物なんだなぁ…と最近殊に思うわけなんです。


催事で初めて高島屋さんに出展したのが、
娘の生まれた平成17年(2005年)。
そこから少しづつですが、お馴染みさんも増えてきました。
しかしその頃は新商品を創る能力もなく、
毎回ラインナップも季節感にも変化なく。
お客様に言われるまでもなく、
いつも僕の方が感じてますって。変わんないなぁ…

イロイロありまして、もっとこの味を美味しく伝えなくちゃならない!
と、おにぎりを握るスタイルに変えていったのは今から13年ほど前、
催事を始めて3年ほど経った2008年頃だったかと思います。


少しでもこんな食べ方を知ってもらえたら…と考え、
あの手この手で試食をしていただき、
気付けばお腹も大満足。

本当に心から満足しすぎて「ごちそうさま!」
って言って帰っちゃう方もいたくらいです。
試食で満足させて帰しちゃダメでしょー(笑)
あ!買うの忘れてた!!って戻ってきてくれましたけど(爆)


おんなじことを喋ってても僕自身が飽きちゃうので、
常に何か新しい提案や伝え方を探しています。

その中で試食をしていただくと必ず皆が聞き返してくるメニューがあります。


気になる…
これって一体なんですか?

そんな知的好奇心をくすぐってしまう商品(?)がとうとう完成(???)しました。
ただし、「単体非売品」なんですよね…

妙に気になるものっていうものは全国共通なのか、
どこの百貨店に行ってもみんなが気になるようなんです。


ちなみに思い違いをされている方が大半なので念のためお伝えしますが、
名付けたのは僕じゃああーりませんのょ?

だってお客様が口々に言うんですもん。
「なんだかわかんないけどおいしい」
「なんだかわかんないけどウマイ」って。


名付けていただきました皆様、ありがとうございます。
本当にたくさんの皆様が口々にしていただきましたあの言葉を
そのまんまラベルにさせていただきました。

「なんだかわかんないけどウマいタレ」
KD-25 蔵出しだいこん2.5kg
KS-20 蔵出ししょうが2㎏
にそれぞれ1ℓ付いています。
面倒でしょうけど半分ぐらいは冷凍しといてください!

それではおいしく使ってくださいね~♪



 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0288-27-1122
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る