• 看板画像
  • 日光醤油のろばたづけ

    買い物カゴに追加されました

    冬の風物詩 糖類不使用 「べったら漬」 完売いたしました。




    観光地もなかなか思ったような回復はないようなものの、
    今年はインターネットでのご注文やfacebookを通しての
    ご注文もたくさんいただきました。

    おかげさまで大好評のうちに、今年も完売となりました。

    年末もまたたくさんの方に喜んでいただけるよう想いを込めて、
    あまさけ造りからべったら漬けをつくる予定です。

    漬け上がるのはやはり12月中旬。
    来年のことを言うと鬼が笑うといいますが、
    今年なので笑われませんね♪

    クリスマスの声が聞こえてきたら「そろそろだな」
    と思い出していただければ幸いです。お楽しみに!





    冬の風物詩「べったら漬」の季節がやってまいりました。

    皮をむいた大根を重石はせずに塩漬けします。塩が行き届いたらおもむろに米の甘味が凝縮した「あまさけ」を投入します。そのまま時々かき回して芯の芯まで漬け込むことおよそ2週間。ようやくべったら漬けが「らしく」なってきます。

    生の状態でおよそ300kg近くあった大根が139kgと半分以下になってしまいますが、その分おいしいべったら漬けが出来上がります。改めて…べったら漬けって贅沢品ですね~

    そして、この時点ではやはり大根独特の臭いがします。そこで最後の仕上げです。
    新しいべったら用の「あまさけ」を袋に詰めることで匂いも和らぎ、より深い甘みと味わいの「べったら漬け」の完成です。

    今年は数量も580袋程しかできませんでした。
    お求めの方はお早めに。
    ご注文お待ちいたしております。